■  国際救助犬連盟IROに関して  ■

 国際救助犬連盟IROは、1993年スエーデンにて開かれた第5回国際救助犬シンポジュームにて 創設されました。オーストリア・ザルツブルグに本部を置き34ヶ国74団体(平成20年1月現在) から成る国際ボランティア組織です。救助犬を使った国際救助犬活動が認められ、2003年に 国連の国際救助犬システムに組み込まれ、世界のどの国で災害が起こっても直ぐに駆けつけられる 準備をしています。

 IROは、救助犬の基準を保つために適正テスト【初等】A段階テスト【中級】B段階テスト 【高等】(各段階共に3種類からなる:服従作業/熟練作業+捜索作業=瓦礫/広域捜/足跡追求/水難/ 雪崩(水難+雪崩はC段階設定)の何れか1捜索種目)とそれぞれのレベルを定め、各国、各団体に 審査員を派遣し世界の救助犬レベル向上の為に努力をしています。
また年に一度ヨーロッパにて、B段階合格犬だけが出場する事が出来る救助犬の世界選手権 (服従/熟練+捜索=瓦礫/広域捜/足跡追求/水難B段階の何れか)を開催しています。本番さながらの 捜索現場と、各国から厳選された冷静で正確な審査の出来るIROの認定ジャッジがその大会を 格調高いものにしています。

ホームページ http://www.iro-dogs.org/ (ドイツ語・英語)